江角ールな人生

江角ールな感覚で世間を・・・

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * - *
奇妙な「昆虫」たちの世界を表現する、シルク・ドゥ・ソレイユ
JUGEMテーマ:非日常エントランス
  1984年に20人のストリートパフォーマーを寄せ集めてできた集団が、今や推定30億ドル(約2950億円)の純利益を誇る世界的なエンターテインメント・グループに成長したという。世の中、どう転がるかわかりませんねぇ〜

文化 * 00:35 * comments(0) * trackbacks(0) *
砂丘に落書き、罰金ですゾ!!

砂丘に落書き、罰金ですゾ、条例施行後も67件発生

 砂上の落書きを罰則付きで禁止する条例が4月1日に施行された鳥取砂丘で、5月下旬までに条例違反の落書きが67件見つかったことが、鳥取県砂丘事務所への取材で分かった。>>続きを読む



 いつからこのいたずら書きが始まったのでしょうか?昔はあまり聞かなかったような・・・。「過料を徴収することが条例の目的ではない。呼び掛けを続けて砂丘を大事にする心を育てたい」と話しているそうだが、それは小学生あたりに通用する話ではないのか?


文化 * 22:39 * comments(0) * trackbacks(0) *
帰ってきた「毒ガス漫才」

ビートたけしさん超長編の新作書き下ろし 帰ってきた「毒ガス漫才」

 MANZAIブームを知っている人には懐かしい、ツービートの毒ガス漫才が戻ってきた。このほどビートたけしさん(62)が『漫才』(新潮社、5月末刊行)というタイトルで書き下ろしたのは、約250ページという超長編の新作漫才。話し言葉だけで展開する異色の文芸作品に仕上がっている。>>続きを読む

 本文は台本形式になっており、ふたりの「はいどうもー」からはじまり、きよしさんの「よしなさい」など、古いファンにはおなじみのフレーズがポンポン飛び出す内容となっている。是非読んでみたいなぁ〜

文化 * 11:11 * comments(0) * trackbacks(0) *
「細雪」の下書き原稿7枚が谷崎潤一郎記念館で公開

細雪の四姉妹、運命を思いあぐねた文豪…下書き原稿公開へ

 大阪の旧家に育った四姉妹の人間模様を華やかに描く文豪、谷崎潤一郎(1886〜1965年)の代表作「細雪」の下書き原稿7枚が来月24日から、兵庫県芦屋市の谷崎潤一郎記念館で公開される。>>続きを読む

 下書きは、谷崎が45年から約1年疎開した岡山県真庭市の元旅館で記されたらしい。

 長女の鶴子を筆頭に、幸子、雪子、妙子の織り成す物語は、雪子と妙子の結婚問題を軸に進む。下書きは妙子の男性関係を鶴子が、監督役の幸子に手紙で詰問する前後の場面だったということだ。

文化 * 11:39 * comments(0) * trackbacks(0) *
最古の明治天皇客車図見つかる

最古の明治天皇客車図見つかる 大阪の史料研究家所有 北海道新聞

鉄道ファンも注目ですかぁ〜

文化 * 23:30 * comments(0) * trackbacks(0) *
ソムリエを付けて、上手いと催眠術をかけるワイン

第二次世界大戦中に隠されたワイン 競売に   世界びっくりニュース

ワインは、なぜソムリエなるものが居るのでしょう。

それは、ワインがうまいと思わせるための催眠術をかけるためです。

だって、美味しい日本酒の地酒に、ソムリエなんていないでしょ!

文化 * 17:01 * comments(0) * trackbacks(0) *
<<new | 1 / 1pages | old>>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
訪問者数
OTHERS